【Oculus Quest】リリースされたばかりの音ゲー「Synth Riders」にカスタム曲を入れてみる

Oculus Quest
スポンサーリンク

こんにちは、オタ趣味です。

Questの様々な事象をオッチするのが大好きです。

先日、僕はこんなツイートをしました。

#SideQuest バージョンアップ。v0.7.4 → v0.7.5
すいません! 思いっきり勘違いしていました。
・Questの新しい音ゲー #SynthRiders のMODやカスタム曲をサポート。
右上の「Z」アイコンをクリックするとMODサイトへ飛べます。

やっぱりSideQuestは最強です。

今回は、この「Synth Riders」にカスタム曲を入れる方法を解説しますー………………………
と、某有名ブログのマネをしてみましたが、こんなんでアクセス数が伸びたら苦労しませんよね(笑)

思いっきり勘違いしていたと言うのは「カスタム曲」と聞いてBeatSaber関連の機能だと思ってTwitterでアナウンスしてしまったことです。お騒がせして申し訳ございませんでした。m(_ _)m

よくよく調べ直してみると、今回SideQuestに追加された機能は先日リリースされたばかりの音ゲー「Synth Riders」にカスタム曲を追加する機能だと言うじゃありませんか!

リリースからまだ5日(SideQuestがバージョンアップしてサポートを開始したのはリリースからわずか3日) しか経っていないのにカスタム曲だなんていくらなんでも早過ぎない? と思いましたが、このゲームはPC版が去年夏にリリースされていてこちらも活発(なのか?)にMODが利用されている状態なのだそうです。

なんでも、かなり簡単にカスタム曲が使用できるようになっているとかなんとか。

そもそも「Synth Riders」ってどういうゲーム?

筆者も初めはそう思ったので一応解説してみると、ノーツを切るのが BeatSaber ならば、ノーツを受けるのが SynthRiders みたいな感じでしょうか。

ちょっと探してみたら、とてもわかり易いプレイ動画がありました。

いやぁー やっぱり上手い人のフルトラプレイは素晴らしいですね。
プレイは超カッコイイんですが、かなりBeatSaberに似ています(笑)

BeatSaberと比べると圧倒的にレビュー数が少なく、やっぱりマイナーなタイトルなのかなと言った感じですが、意外と高評価でレビュー内容も良い印象のものが多いです。

筆者が注目するBeatSaberとの最大の違いは、カスタム曲エディターを公式が用意していたり、プログラムを改造せずにカスタム曲の導入ができちゃったりするところです。

これくらいのアドバンテージが無いと勝負にならないのもあると思いますが、カスタム曲やMODに対してかなり大らかに構えている印象があります。

改造する必要が無いのでBeatOnみたいな騒ぎは起こらなさそうですが、あまりにも盛り上がり過ぎてしまうとある日突然塞がれたりして(^_^;

カスタム曲の追加と削除

カスタム曲の追加はSideQuestから行う方法と、エクスプローラーから行う方法があります。

SideQuestから行うほうが簡単で楽なのですが、Questを開発者モードに切替える必要があります。
エクスプローラーからの単純なファイルコピーでも導入できるので、どうしてもQuestを開発者モードに切替えられずに血の涙を流していたような方でも今回は導入できるのではないでしょうか。

SideQuest編

まず、Questを開発者モードにしたことが無い方は下の記事を参考にしながらSideQuestをインストールしてください。

開発者モードの切替えができるとSideQuestを通じて様々な野良アプリ(Oculusストア以外のアプリ)を動かすことが出来るようになります。

Questの可能性が一気に広がるので、SideQuestは是非とも導入しておきましょう。

【Oculus Quest】SideQuestでBeatSaberのカスタム曲をインストールする
この記事で扱っている SideQuest の BeatSaber カスタム機能「QuestSaberPatch」は、新たに登場した「BeatOn」と言う別のツールに受け継がれ、現在では使用できなくなりました。「SYNC SONG...

とりあえず「SideQuestのダウンロード」から「SideQuestを使えるようにする準備」の「Step 4:USBデバッグの許可」まで行えばOKです。

導入できたら、PCとQuestをUSBケーブルで接続してください。

正しく接続できると左上の●が緑になる
緑にならなかったらPCやQuestを再起動して手順の確認を

追加

右上の丸い「Z」アイコンをクリックしてダウンロードサイト(SYNTH RIDERZ)に飛びます。

欲しいカスタム曲の「DOWNLOAD」ボタンを押してダウンロードします。

ダウンロードした曲はSideQuestがQuestへ送ってくれるので、どんどんポチって行くだけで追加していくことができます。BeatOnBMBFにあったリスト編集などの機能はありません。

」アイコンをクリックするとメニューが出てきます。

  • 検索窓 (Search)
  • 最近追加された曲 (Recently Added)
  • 人気曲 (Most downloaded)
  • 製作者別 (Mappers)
  • 全て (All)

記事作成時では170曲しか登録されておらず、MODもComing Soonでまだまだ発展途上と言った感じ。

削除

「Headset Files」画面で右上の丸い「Z」アイコンをクリックするとカスタム曲が入っているフォルダに飛べます。

「Headset Files」画面は左下の「File Explorer」をクリック
File Explorerの画面で普通に削除するだけ

カスタム曲は単一のファイルになっていて、ここで対応するファイルを削除するとアンインストールされます。
単純にいらない曲のファイルを選んで「×」をクリックして削除するだけの簡単仕様。

エクスプローラー編

PCとQuestをUSBケーブルで接続して、Questに表示されている「データーへのアクセスの許可」画面で「許可」ボタンを押しておいてください。

追加

カスタム曲のダウンロードサイト「SYNTH RIDERZ」で欲しいカスタム曲をゲットしてきます。

普通にダウンロードする
ダウンロードした
ファイル

エクスプローラーでQuest内部の「内部共有ストレージ\Android\data\com.kluge.SynthRiders\files\CustomSongs」フォルダにダウンロードしてきた「~.synth」ファイルをコピーします。

「CustomSongs」フォルダが無かったらフォルダを自分で作りましょう。

ここにコピーするだけで導入完了

今回は2曲ダウンロードしてきました。
大人の事情を配慮してファイル名は伏せさせていただきます(笑)

削除

先ほどカスタム曲を追加したフォルダ「内部共有ストレージ\Android\data\com.kluge.SynthRiders\files\CustomSongs」の該当ファイルを削除するだけです。

単純に削除するだけ

あまりにも単純なのでこんなツイートもしました。

今回の記事はこのツイートを深堀りしただけの内容ですね(笑)

それではさっそくプレイしてみる

カスタム曲は「SELECT SONG」の一番最後に追加されています。
右に順送りするとなかなか出て来ませんが、左に逆送りするとすぐに出てきます。

カスタム曲は左上の表記が「CUSTOM SONGS」になります。

Take on Me

とりあえず自分で入れたことがわかる曲をってことで、メジャーなTeke on Meを入れてみたんですが、よく見るとEXPERTとか書いてあって今回もなんだか難しそうな予感が………。

まぁ、カスタム曲ってある意味エンドコンテンツみたいなものなので慣れていないうちから挑戦するもんじゃないのは重々承知していますが、せめてボーカルを聞くところまでは行きたかった(涙)

Holding Out For A Hero

2曲目もわかり易くて有名な曲、ヒーローです。こっちもEXPERTになってるし………。

こちらはサビ近くまで行けましたが完走は無理でした。ヒーローへの道は遠い……

最後に

PCゲームではMODによる拡張がもはや当たり前となっていますが、Questでもこういった文化が受け継がれているのは嬉しいですね。

SideQuestはこのゲームに対しても様々なサポートを考えているそうなので、期待して見てみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました